レイクで即日振込を受けるためには?

レイクで即日振込

レイクでネット完結で借りる方法

消費者金融のレイクにキャッシングを申し込みをする際にとても便利な環境が整っています。

キャッシングを初めて利用される方は安定し収入を得ているのであれば、主婦やパート・アルバイト、契約・派遣社員に方でもお申し込みをすることができます。

お申し込みは24時間可能であり、お急ぎの方でもその日のうちに即日借り入れをする事が可能です。平日14時までのお申し込みで必要書類の確認ができれば融資を受けることができます。

審査においてはスピード審査を実施しており、お申し込み後の画面において審査結果を確認することができます。

ご利用される方は店頭だけでなく、ネットにおいて完結、借り入れることができます。

お手持ちにあるスマホ・アプリ、ケータイでお手続きができ、レイクのカードがなくてもスマホ・アプリ、携帯電話からお客様の金融機関口座に即日振込をすることができます。

カードが手元にある場合には、レイクのATMもしくはコンビニの提携ATMにてATM手数料0円にてご利用することができます。

お借入れ、ご返済はいつでも何度でも、ご利用手数料は無料となっており、お借り入れをする際には1000円単位からでも可能です。

返済においてWeb返済ができるために深夜でも手数料無料にて返済が可能です。

レイクのデメリット・メリット

消費者金融のレイクのサービスを理解することで様々なライフシーンを使い分けることができます。レイクのデメリットとして総量規制の対象となっている面があります。

総量規制は国が多重債務の方が増えるのを防ぐために制定した法律です。年収の3分の1まで借りられる制度となっています。これ以上になると審査によって融資の見送りがある可能性があります。

それではメリットはと言うとキャッシングならではの審査のスピード感があります。今日中にお金を借りるには最適です。

審査においてはレイクのお申し込み後の画面において審査結果を確認することができます。そしてスマホ・アプリ、ケータイにて手続きができるために、お忙しい方も対応できます。

お急ぎの方であれば、お客様指定の金融機関口座に振り込みの依頼ができ、レイクのカードがあればレイクATMやコンビニの提携ATMにてお借り入れ、ご返済の手数料が無料でご利用することができます。

他のキャッシング会社によってはお借り入れ、ご返済時に手数料をいただくところもありますが、レイクに関してはそのような出費がないために、とても利用しやすいメリットがあります。

利用する立場としては返済において忘れない為に便利なメールサービスをも行っています。それによって引き落とし口座に入金し忘れを無くすこともできます。

レイクは在籍確認なしで借入できる?

レイクは在籍確認なしで借入ができるかについては状況によって可能です。基本的には在籍確認を勤務先にてお電話で確認します。

基本は電話のみとなっており、その他の書類は状況によって必要になります。ちなみに他社のモビットやアコムは書類での在籍確認に対応しています。

基本は電話での確認になりますが、例外として可能な限りに在籍確認なしで審査を通るように考慮するスタンスをとっています。

銀行系カードローンはときどき在籍確認を取らずに、審査を通過させることもありますが、レイクに関しては電話確認と理解する事が賢明と言えます。

在籍確認が土日祝日の場合にはどうするかと言うとまず基本の会社に電話を掛け、誰も出ない事を確認した後、在籍確認においては書類にて行います。

担当者に指示された書類を提出することになり、保険証や社員証が必要になります。

提出方法としてアプリかメールにて画像はスマホや携帯で撮ったものであればOKとなります。

会社員でない方に関しては自営業の方、在宅ワークをしており、フリーランスで働いている方においては固定電話が必要になります。

もし固定電話がない場合にはレイクでは借りることが不可能となっています。では借りるにはどうすればいいかと言うと他社のアコムなどを利用するのが良いとされています。

レイク審査は他社借入があっても借りれる?

キャッシングの審査では、必ずその人の信用情報を判断に利用します。これにはキャッシングや各種のローンの利用状況が記録されており、現在よりおおよそ過去5年分まで遡って参照することができます。現在の他社からの借入状況は、これを見れば丸分かりということです。

信用情報から現在他社からの借入分があると分かった場合、その金額や件数によってはそれが原因で審査に通らないことがあります。

また、過去に返済の遅延を繰り返していたような場合も同様で、この信用情報はキャッシングの審査において重要なウエイトを占める存在だと言ってもいいでしょう。

特に消費者金融には総量規制という規定がある為、まず他社からの借入分が年収の1/3に達しているかどうかの判断に信用情報を利用します。

レイクは消費者金融ではない為、この総量規制についての判断は行う必要はありませんが、やはり他社借入があった場合には、それがない場合より審査が厳しくなるのは間違いありません。

総量規制と返済が可能かどうかは別問題です。いくら融資金額の法的な制限がないとはいえ、年収が300万円の人が200万円も300万円も借りてしまっては、とても返済できると思えません。

よって、レイクには年収の1/3までという融資金額の明確な規定こそありませんが、審査で他社借入分も含めて判断が行われて、返済が可能だと思われる金額までの融資になると考えてください。